19/02/2022 - 27/02/2022

@wbsc   #MenSoftballWC  

Hosted by:   NZL

Men's Softball World Cup 2022 - Official Payoff

ニュージーランドが自国開催の2022WBSC男子ソフトボールワールドカップの代表選手予備リストを発表

ニュージーランドが自国開催の2022WBSC男子ソフトボールワールドカップの代表選手予備リストを発表
16/11/2020
ニュージーランドのブラックソックスはオークランド開催のWBSC男子ソフトボールワールドカップ2022に向けて調整をはじめた。

ニュージーランドの男子ソフトボール代表チームの35名ロースターは2021年1月にオークランドのCollege Riflesで合宿を始める。これは自国オークランドで行われるWBSC男子ソフトボールワールドカップ2022のための準備への第一段階。

ニュージーランドチームはWBSC世界男子ソフトボール選手権大会2019で残念ながら4位に終割った。39年間で一度も表彰台に上ったことがない。

「最悪の結果でしたが、また一からやり直そうと気持ちを新たにし、チームとして男子競技の視点から再スタートを切る必要がありました。」と6月にインタビューでマーク・ソレンソンヘッドコーチは語った

ブラックソックスチームのディレクター、ケーシー・エデン氏は「合宿では来年の予定と、選手たちがどのように取り組んでいく必要があるかについてしっかりと理解してもらうことです。トレーニング、メンタルスキル、栄養サポートなども行います。この段階ではまだ試合は行いませんが、3月後半から4月上旬の週末にトライアルを開きたいと思います。」と語った。

ニュージーランドは2013年から初めて国際ソフトボール大会を行った。ブラックソックスは過去6度優勝に輝いている。2022ソフトボールワールドカップは国内で行われる4度目の世界選手権大会。これまで1976年ローワーハット、2004年クライストチャーチ、2013年オークランドで開催した。ニュージーランドで大会が行われるたびにブラックソックスが優勝(1876年は悪天候によりアメリカ、カナダと並んで同時優勝)した。

ニュージーランド・ブラックソックス代表チーム 35選手リスト

Harry Valk, Kallan Compain, Zane Van Lieshout, Cole Evans, Pita Rona, Rhys Evans, Seth Gibson, Alfons Oveinikovas, Ben Enoka, Bradley Bennett, Campbell Enoka, Conor Peden, Maddix Rice, Rsychan Thompson, Thomas Enoka, Daniel Chapman, Liam Twigden, Taine Slaughter (Auckland), Jayden Stratford, Dante Makea-Matakatea, Jerome Raemaki, Zac Boyd, Alex Lundon, Damon Creasey, Reilly Makea, Josh Pettett, (Wellington), Joel Evans, Campbell Ngarimu (Hutt Valley), Bailey Hamilton, Callum Bishop, Jackson Watt, Ben Watts (Canterbury), Adam Woon (Hawkes Bay), Eru Drage (North Harbour), Ethan Johnston (USA).