20/02/2022 - 28/02/2022

@wbsc   **Event postponed until further notice.  

Men's Softball World Cup 2021 - Official Payoff

シンガポール対南アフリカ 9対8 Tanの17奪三振でシンガポールが南アフリカに勝利

シンガポール対南アフリカ 9対8 Tanの17奪三振でシンガポールが南アフリカに勝利
25/02/2020
シンガポールと南アフリカがU-18男子ソフトボールワールドカップで初の延長対決。Mathew Tanが17奪三振の英雄的投球でシンガポールが勝利した。

シンガポールの投手Mathew Tanは17奪三振の投球で1勝を狙う南アメリカを胡大海初の延長戦ねじ伏せてシンガポールが9対8で勝利した。シンガポールはこれで2勝2敗に成績を伸ばした。Mathew Tanは今大会計31奪三振。

シンガポールは先頭Mohammad Bin Mohammadが2打点、2得点。延長9回でも同点を入れてチームを牽引した。

シンガポールは1回二死で2点タイムリーを放ちBin MohammadがZu Low得点して一気に2対0にリードした。

南アフリカは3回と4回と両場面で捕手Shun Cheohが捕逸し同点に追いついた。5回二死満塁で  Troy Bothaがヒットし南アフリカは4対2の逆転リードに成功した。

6回裏、Terrence TayとBin Mohammadが連打で点を入れ、6対4にシンガポールが逆転。しかし7回表南アフリカのMatthew Parkinsonが二死でタイムリーをはなひ、さらにBothaもレフトサイドに深く伸びる三塁だを放って同点となり、延長戦に突入した。

延長8回ではどちらも1点を入れるが、9回南アフリカが Bothaのゴロ(この試合4打点目)で1点を入れ王手をかける。しかしその裏シンガポールのIgnatius Ongがシングルで同点に入れ、 Ean Euのサヨナラ三塁打でシンガポールは2勝目を決めた。